産婦人科で行なう効果的な治療~シッカリ安心任せて治療~

乳児

妊婦さんに必須の栄養素

細胞を作る大事なビタミン

看護師

ビタミンは人間の生命活動に欠かせない成分ですが、そうしたビタミン類の中でも特に妊娠中の女性にとって重要だと言われているのが葉酸です。葉酸はかつてはビタミンMとも呼ばれていましたが、現在ではビタミンB群の仲間として分類されています。ほうれん草の葉から発見されたためこの名があります。葉酸は人体にあってはタンパク質や核酸の合成を助ける役目を担っています。これによって新しい細胞を生み出し、成長を促進させる働きをします。特に赤血球の合成には欠かせないため、不足すると貧血などを招くことがあります。葉酸は各種の食品に含まれるほか、最近ではサプリメントも多く出回っています。サプリメントは後述する理由から妊婦の方に人気があります。

不足すると胎児に悪影響が

葉酸を多く含む食品には緑黄色野菜のほかレバー、海藻類などがあり、通常の食生活を送っていればそれほど摂取不足を心配する必要はありません。ただ、妊娠中の女性の場合は体調の変化によって欠乏しがちになるため、注意が必要です。特に妊娠直前から妊娠初期にかけて葉酸が不足すると、胎児に神経管閉鎖障害という発育不全が引き起こされるリスクが高まるということが分かっています。神経管とは妊娠初期に作られる器官で、のちに脳や脊髄に発達します。この神経管の形成に葉酸は重要な働きをしてます。このため、妊婦の方は食品はもとよりサプリメントからも積極的に葉酸を摂取する必要があるのです。また、葉酸は水溶性ビタミンであるため加熱すると水分と一緒に流れ出てしまいます。したがって焼き物や炒め物等からでは効率的に摂取するのが難しくなっています。このことからも、サプリメントの利用は重要になっています。